「お見合い」のメリット・デメリット

bouquet-of-roses-1246490_960_720

 婚活をする上で、出会いの一つに「お見合い」があります。身近の人でも一度はお見合いをしたことがあるという方がいると思います。闇雲に婚活をするより、信用ある人から紹介された相手と会うことは近道だとも言えます。
 逆に、お見合いにはいろんなしがらみが付きまとうので、思ったより会えなかったなどの意見もあります。実際にお見合い経験者がある人が感じたメリット・デメリットをまとめてみます。

【お見合いのメリット】
・相手の諸情報が事前に分かる。
お見合いには仲人が間に入ります。合コンやパーティーとは違い、事前に相手の情報がわかるというメリットがあります。どのような仕事をしているのか?どの学校を出たのか?趣味な何なのか?など、事前に相手の情報がわかるというメリットがあります。
・信用できる相手が多い
仲人な間に入ることによって、双方の家庭などが事前に確認できます。紹介するときに素性がはっきりしてなければ仲人の顔も立ちません。素性がはっきりしており、信用できる相手が多いメリットがあります。
・結婚への道が早い
お見合いは結婚が前提での出会いになりますので、お互いが気に入ったら結婚までのスピードが早いメリットがあります。お見合いの場合、出会ってから三ヶ月で結婚したケースなどが多くあります。
・強い味方に仲人がなってくる
気に行った場合、仲人がどのように進めたら良いかなどのアドバイスをしてもらったり、双方の意見を聞いて良い道に導いてくれたりと、仲人が結婚まで強い味方になってくれるメリットがあります。

【お見合いのデメリット】
・早い判断を求められる
お見合いの場合は結婚が前提であり、仲人が仲を取り持つので、出会いから判断を求められることが多いです。一回目のデート後に「これからどうするか?」とか聞かれますし、意思の強さなども確認されます。交際をしばらくして考えたい、そんな余裕がなくなることが多くなるデメリットがあります。
・家族ぐるみで考える
結婚が前提の出会いになるので、結婚後のことも想定して進みます。相手の家柄はどうなのか?家族構成はどうなのか?など、当人同士が良くても周りがダメで会えないこともあります。
・結婚が前提であるプレッシャー
お見合いは結婚が前提での出会いになるので、お会いした相手との結婚を前提としたお付き合いになります。恋愛のように「友達から恋人になった」というようなロマンスはありません。「とりあえず交際してみる」といった判断は許されません。
・時間の無駄もある
経歴や写真でお見合いをする判断をするわけです。お見合いの時は少なくとも一緒に時間を共有しなければなりません。会ってみて「会わないや」と思っても、その場は何となく一緒にいなければなりません。先が考えられない人とデートをしなければならない時間の無駄が生まれることがあります。

お見合いは「早く結婚をしたい」という人に向いている反面、双方の日程調整などもありますので、多くのお見合いをするには時間を要したりします。

また他のデータでは、お見合いをする女性の多くが「パーティーとかで浮いたことがある」経験をしている人が多かったりします。奥手な女性が多いということもありますので、男性がしっかりリードしてあげる必要があります。
お見合いをする上では、知っておいた方が良い知識になります。