「たこ焼き婚活」のメリット・デメリット

PAK86_takoyakidekiageari15122810_TP_V

食事を作って一緒に食べる婚活パーティーとして、「たこ焼き婚活」があります。
たこ焼きを一緒に作ることでコミュニケーションがしやすくなり、自然と仲良くなれる企画。主催者によって席替えなどを行うので、自然と話せる機会も作ってくれます。

他の婚活パーティーと比べて情報交換率も高いと言われています。そんなたこ焼き婚活のメリット・デメリットをまとめてみます。

【たこ焼き婚活のメリット】
・気軽に参加できる
「たこ焼きパーティーをやろう」という気軽な気持ちで参加ができます。ホームパーティのような感覚で参加できますし、気軽に話す機会が多くなります。
・食が一緒の人に会える
たこ焼きを一緒に作ることによって、相手の「どのように作るのか?」「どんな作り方が好きなのか?」「味付けは?」などが分かります。食の共通項があることは良きパートナーになる可能性も高くなります。
・会話がしやすい
たこ焼きを一度に作れるのは限りがあります。少人数でのグループになりますので、会話も自然にできます。比較的仲良く作業ができるのがたこ焼き婚活になります。

【たこ焼き婚活のデメリット】
・気軽すぎる
「たこパーやろう!」のように友達と一緒にやる感覚で参加する人も多くいます。結婚を前提で付き合いたい人には、やや気軽すぎる部分があります。
・たこ焼きを作る練習をする必要がある
共同作業によるたこ焼き作り。全くできないようりできた方がイメージが良くなります。一度もたこ焼き作りをしたことない方は、事前に練習しておかないと、一人だけブサイクなたこ焼きになり悪いイメージを与える可能性が出てきます。
・夢中になり会話ができなくなる
たこ焼きを作りながら会話をした方がイメージが良いので、たこ焼きを作ることと会話をすることの両方をする器用さが必要になります。ある程度の臨機応変能力が問われる可能性があります。

よくたこ焼きを利用してホームパーティーをするような感覚での婚活になります。気軽に参加できる反面、その場での会話能力が必要になります。何回か参加をしてなれることが成功の近道になりますので、一回の失敗で諦めずに、何度も挑戦をしましょう。