「合コン」のメリット・デメリット

JSK542_kanpai_TP_V

出会いの方法の一つとして「合コン」があります。ほとんどの合コンには幹事がおり、3名程度の少ない人数から数十名の多い人数まで、男女の人数を決めてセッティングされます。どちらかと言うと、相手側の情報は会社や年齢などの少ない場合が多く、ほとんどの場合は出会ってから知ることになります。
 ここで、合コンのメリット・デメリットをまとめてみます。あなたにとって理想の出会いかどうかを判断してみて下さい。


【合コンのメリット】
・人数制限があるので相手を絞りやすい
 5対5のように男女の人数が同じケースが多いので、相手を絞り安いといえます。絞りやすい分、じっくりと相手と話すことができるメリットがあります。
・友達感覚で話せる
 「お付き合い=結婚」という意識を持っている人が少なく、まずは話をして楽しかったらと軽い気持ちの人が参加することが多いので、知り合うきっかけとして利用するメリットがあります。
・時間制限がない
 「盛り上がったら」が前提になりますが 、合コンから二次会・三次会と流れることが可能になります。ただし、今後のことを考えると無理に誘うのは御法度。相手の都合を考えながら誘うと良いです。
・気になる人を誘いやすい
 まだ、一対一で出会うのは不安に思う場合に、合コンを利用して会うことが可能になります。次につなげるために誘うやすいメリットがあります。


【合コンのデメリット】
・参加している人に魅力がないと無駄
 人数制限があるので、参加している人に魅力を感じなかった場合は、飲み会が終わるまで時間を使わなければなりません。お金と時間の無駄になることがあります。
・付合う意識のズレが生まれやすい
 「とりあえず参加してみた」「人数合わせに・・・」のように、出会いを求めてない人も参加することがあります。こちらは付き合いたいのに、相手はその気が全くないとかが起こりえます。
・主催者によって左右される
 主催者がなんの目的によって行っているかを知らないで参加すると、全く違った方向になりがちになります。軽い飲み会なのか、真剣に付合う相手を探しているのか、など事前に聞いておく必要があります。
・競合になることがある
 人数が多ければ多いほど、魅力的な相手に集中することになります。時には友達同士で競うことも。ゆっくりと相手を吟味する時間がなくなることがあります。


また、主催者によっては「最悪の合コン」とレッテルを貼られることがしばしあります。以下のことを注意しながら、合コンに参加することをおすすめします。


・話を盛り上がる
・相手への配慮をする
・失礼な態度をしない
・下ネタは避けるようにする


まるで営業と同じです。このような事が得意な方は、合コンで知り合う事が多いのでしょうね。
逆に、苦手な方は違う方法を探して方が良さそうです。