恋愛観

PAK66_koibitototewotunagu20140301_TP_V

男女の恋愛観の違い

恋愛観は国によって違ってきます。例えばアメリカ人の場合、オープンなところが多く、デートは深い仲になるためのステップであり、ある意味お試し期間という認識があるようです。そういった意味では、積極的にボディタッチをしたり、会話をしたりと柔軟な考えを持っています。
それに対して日本人の多くは、「付き合って下さい」と形から入ることが多く、順を追って付き合いを変えることが多くあります。(人によりますが)
国も違えば、育ってきた環境も違うので恋愛観が違うのも当然のこと。ただし、それぞれの国にあった恋愛観を持つことによって、異性に好意を持たれる可能性は高くなります。

また、男女間によっても恋愛観は異なります。男女では盛り上がり方も違えば、冷め方も違ってきます。パートナーの感情を知ることが、長続きするカップル、いつもでも仲睦まじい夫婦に繋がります。まずは、一般的な男女恋愛観の違いを知ることが重要になります。



【一般的な男性恋愛観】

・電子レンジ型

 恋愛感情が一瞬でピークまで盛り上がるのが特徴です。一瞬でタイプと分かったら、一瞬で恋愛感情になります。初対面でも感情がピークになったら、あの手この手を使って口説く男性も多いようです。

・熱しやすく冷めやすい
 男性は電子レンジ型であるがゆえに、恋愛感情が冷めるのも早いと言われてます。男性の好意は、回数でなく質だと言われてます。友達として毎日挨拶されるより、「好きです」と言われたり、身体の関係を持った方が感情が高くなる傾向があります。

・減点主義
 男性は女性を減点方式で見ている傾向にあるようです。どこかで一発逆転をするのが難しい傾向にあるようです。

・会えない日が長いほど恋人に会いたくなる
 なかなか相手に会えなければ会えないほど、男性は恋人に会いたい気持ちが膨れる傾向にあるようです。男性は相手と距離があることが許せないようです。

・恋愛は名前をつけて保存
 男性は新しい恋人ができても、昔の恋人との関係はしっかり覚えている傾向にあるようです。時折、昔の恋人を思い出したりする傾向にあるようです。




【一般的な女性恋愛観】

・オーブン型
 女性は一目惚れでもない限り、初対面ではあまり関心を持たなく、じっくりと時間をかけて恋愛感情を育てていく傾向にあります。ただし、一旦恋愛の火がついてしまうと、男性より盛り上がる女性も多いようです。

・熱しにくく冷めにくい
 女性はオーブン型であるがゆえに、なかなか温まりませんが、一度温まったら冷めにくいと言われてます。女性の好意は、質でなく回数だと言われています。恋愛感情はじっくり時間をかけて育てていく傾向があるようです。

・加点主義
 女性は男性を加点方式で見る傾向にあるようです。男性は地道に積み重ねていく必要があるようです。

・会えない日が長いほどもう会わなくても良いと思う
 相手に会えない日が長くなればなるほど、会わなくても良いかと思ってしまう傾向があるようです。距離があるなりに付き合いをするようになるようです。

・恋愛を上書き保存
 女性は新しい恋がはじまると、昔の恋は忘れる傾向にあるようです。自然と切り替わる傾向にあるようです。

男性と女性では恋愛価値観が違ってきます。

ただ、重要なのは違うことを理解してあげること。それぞれが相手を思い、相手が望むものを上げていくことが、長続きするカップル、いつもでも仲睦まじい夫婦になれる近道になるでしょう。