歴史

結婚相談所の歴史

結婚相談所の起源は様々な説があるようですが、結婚を斡旋する職業として考えるなら、江戸時代中期に存在していた「慶安」という集団があったと言われています。この集団は、当時の医師が医療より縁結びに力を入れてたそうです。当時の町医者は人脈や信望もあり、縁結びには適任であったようです。
明治時代に入り、幕末からの戦いにより多くの若者が死に、地方から都心に人が多く流れ込んできたことも受けて、今までの地縁や血縁だけでは結婚相手を探すことが難しくなり、「慶安」が結婚斡旋に力を入れるようになってきたようです。
そのような時代背景の中で、本格的な結婚相談所が誕生したのが明治13年(1880年)。大阪の山口吉衛門という人物が、大阪で始めたと言われてます。

 

昭和になり、多くの結婚相談所が設立されました。昭和8年(1933年)には東京に公立の結婚相談所が設立されました。
第二次世界大戦後には、マスコミに著名人が設立した結婚相談所が紹介されて、新たに多くの結婚相談所が設立されることになりました。

 

出会いから結婚まで面倒を見る結婚相談所は、古き時代から存在しており、戦争等による人口減少などを支える事業として成立してきました。昨今では、時代に合わせて男性が家事や育児を行う主夫を探すサービスを希望する女性も出てきているようです。

 

ただし、結婚に重きを置いたが上に、過去には様々なトラブルが発生しており、後発として生まれた「結婚情報サービス」とは、別サービスとして認識されています。
結婚相談所に登録する前には、しっかりと契約内容を確認する必要があります。

 

結婚情報サービスの歴史

昭和40年代後半(1970年から)結婚相談所とは別に、新しい結婚相手を探すサービスとして生まれたのが結婚情報サービス。
結婚に重きを置いた結婚相談所とは違い、出会いに重きを置いたサービスとして、西ドイツ(当時)のアルトマンシステム社が持ち込んだシステムにより始まりました。社会条件や心理テストにより出た情報をコンピューターに登録をして、理想の相手を紹介するサービスになります。
このシステムは、第二次世界大戦敗戦後の西ドイツにおいて、敗戦から立て直しをする段階において、離婚率の増加と出生率の低下という社会問題を解決することを目的に、国が主導して開発されました。
西ドイツにおいて、このシステムが国外でも通用するかのリサーチとして日本に持ち込んだのがきっかけで、日本人も受け入れられるようになり、2008年の婚活ブームで注目されるようになりました。

 

結婚相談所のように、結婚までしっかりとフォローしてくれるのではなく、自らが探して動く方用に作られてきました。そして、個人に合わせてカウンセリングやアドバイスも入れるような柔軟な対応もしています。「結婚相談所」とは別に、積極的に探す方に適したサービスとして進化してきました。

 

ただ、情報がWeb上で公開されるリスクも伴うため、運営会社の情報管理などの問題が重要になります。

 

結婚情報サービスに登録する前には、しっかりと契約内容を確認する必要があります。