失敗しない結婚報告の服装

YUKA150701098458_TP_V

親へ挨拶する際に注意したいのが服装や髪型。
服装や髪型で印象が全く変わってしまいます。男性も女性も基本は「清潔感のあるさっぱりした服装」が良いとされてます。親への挨拶は、誠意を表現した服装を選びましょう。

【男性の服装・髪型】
・ワイシャツ、ネクタイ、スーツが基本
最近はジャケットパンツスタイルもありますが、清潔感のあるグレーや紺のシンプルなシングルスーツを選んだ方が無難です。シャツは白か薄いブルー系を選びましょう。しっかりクリーニングをして、ヨレヨレはないか、襟元・袖口は汚れがないかをチェックして下さい。

・靴下、靴
靴下はスーツに合わせた色を選び、穴や擦れてないかを必ずチェックして下さい。できれば、新品のものを用意して方が無難です。靴は磨いておくことはもちろん、脱いだ後のことも考えて中敷が汚れてないかもチェックしましょう。

・髪型・顔
清潔感を出して、社会人として常識的なヘアスタイルにしましょう。整髪料などを使うもの良いです。できたら、事前に美容院や床屋でさっぱり短髪にするのも良いです。顔はきちんと洗い、目やになどが残ってないようしてください。ひげは丁寧に剃っておきましょう。
汗をかいた時のハンカチを用意しておくと良いです。

・避けたい身だしなみ
派手すぎるパーマやカラー、きつい香水やピアス、指輪、などの装飾品は付けないようしてください。また、派手なネクタイや靴下など、社会人として恥ずかしい服装も避けるべきです。無精ひげや鼻毛などをそのままにしてもいけません。
相手のご両親が「この人なら娘を任せれる」そう思うえる身だしなみを心がけましょう。

【女性の服装・髪型】
・ワンピースやスーツが基本
清楚な服装を心がけましょう。タイトスカートは座った時にあがってしまうので、できれば避けたほうが無難です。彼とのバランスを考えて、カジュアル過ぎないよう気を付けてください。セミフォーマルな服装がおすすめです。

・ストッキング・靴
足元は素足を避け、ストッキングを着用しましょう。伝線などが無いか事前にチェックし、最悪の場合を見越して替えを用意しておくと良いです。靴はパンプスが基本になります。ミュールやサンダルは避けて下さい。高すぎるヒールはNGです。

・髪型・顔・手
髪はまとめたり、まとめる等をして清潔感あるヘアスタイルにしましょう。メイクは派手すぎずナチュラルになるようにし、高価すぎる装飾品はつけないようにして下さい。ネイルは塗らないでおくか、塗ったとしても派手なネイルは避けて下さい。

・避けたい身だしなみ
派手すぎるパーマやカラー、きつい香水、派手な装飾品は付けないようにしてください。「派手」「不潔」「だらしない」という印象を与えないよう気をつけましょう。